このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ利用案内> 貸出停止について

貸出停止について

貸出停止

  貸出停止の取扱いは、次のとおり変更させていただきます。

  1. 北区蔵書資料の返却が、返却期限から2週間以上遅れた場合、新たな貸出しはできません。(2週間で貸出停止になります)
  2. 相互貸借サービスを利用して貸出しを受けた資料を返却期限までに返却されない場合、新たな貸出しはできません。(即貸出停止になります)
  3. 紛失や破損した資料の賠償を、1ヶ月以内に実施していただけない場合、新たな貸出しはできません。(2週間で貸出停止になります)
  ※延滞資料をすべて返却していただければ、その場で貸出停止を解除します。
  • 貸出停止になると、新規だけではなくそれまでに受け付けた予約はすべて無効になります。
  • 貸出停止が解除されても、予約は復活しません。あらためて新規に予約していただきます。

  図書館では、資料の返却が遅れているお客様に電話等による督促を繰り返していますが、それでも延滞されるお客様がなくなりません。延滞は他のお客様にもご迷惑です。また、相互貸借サービスを利用して貸出を受けた資料が遅れた場合、貸していただいた図書館との相互の信頼関係が損なわれることになります。そのため、上記のような対応に変更させていただくこととしました。


掲載日 平成29年10月18日 更新日 平成30年1月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
中央図書館 図書係
住所:
〒114-0033 東京都北区十条台1-2-5
電話:
03-5993-1125