このページの本文へ移動
トップこども向けサービス> 3歳のお子さん向け絵本を紹介します

3歳のお子さん向け絵本を紹介します

絵本のある暮らしを応援!

乗り物や虫など、好きなものがはっきりしてくるのも3歳のころです。
多くの子どもが好きなものにこだわって、同じ本を繰り返し読みたがります。
「もういっかいよんで!」はその子がその絵本に大切な何かを感じている証拠です。
今回は、お子さんと一緒に楽しめる絵本を、図書館から6冊を紹介します。
絵本のあるくらしから、本のあるくらしにつながっていけたら、すてきですね。

1『おばけのてんぷら』

おばけとてんぷら
うさこは、はじめて、てんぷらをつくることになりました。
やさいをきって、ころもをつけて、あぶらであげます。
すると、おいしいにおいにさそわれて、おばけが、やってきたのです。
  • 作・絵:せなけいこ
  • 出版社:ポプラ社

2『おふろだいすき』

おふろだいすき
「ぼく」は、おふろがだいすき。
ゆげで、いっぱいのおふろにそこから、つぎからつぎへと、うみのいきものが、とうじょうします。
とても、たのしい、おふろじかんになりました。
  • 作:松岡享子
  • 絵:林明子
  • 出版社:福音館書店

3『だるまちゃんとてんぐちゃん』

だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんと、てんぐちゃんが、あそんでいます。
てんぐちゃんがかわいい姿で、だるまちゃんの前にあらわれます。
てんぐちゃんのまねをしたいだるまちゃんは、どんなすがたにへんしんするのでしょう。
  • さく/え:加古里子
  • 出版社:福音館書店
 

4『ちょっとだけ』

リュックをしょって
なっちゃんの家に、赤ちゃんが、やってきました。
赤ちゃんのおせわに、いそがしいママをみた、なっちゃんは、自分で洋服をきたり、
牛乳をのんだり、はじめました。
  • さく:瀧村有子
  • え:鈴木永子
  • 出版社:福音館書店
 

5『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
でんしゃが、しゅっぱつします!デデン、ドドン、デデン、ドドン。
でんしゃは、トンネルをぬけ、のはらをはしり、てっきょうをわたります。
次々に、けしきが、かわるようすを、たのしんでください。
うしろからも、よむことができます。
  • 作・絵:間瀬なおかた
  • 出版社:ひさかたチャイルド
 

6『どろんこおそうじ』

どろんこおそうじ
ばばばあちゃんは、「いつまでたっても、おそうじしないなら、どこかへいっちゃうよ」と、
ちらかしやのこいぬとこねこに、いいます。
「おそうじなんて、かんたん」と、ほうきを持ったこいぬと、ぞうきんをもったこねこ。
にひきとも、きづいたら、どろんこになっています。
  • さく・え:さとうわきこ
  • 出版社:福音館書店

掲載日 令和4年3月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
中央図書館 事業係
住所:
〒114-0033 東京都北区十条台1-2-5
電話:
03-5993-1125